「声を上げた分だけチャレンジさせてくれる」アステックペイントデジタルマーケティング部デジタルイノベーション課課長インタビュー

パープル

written by 斉藤彩

インタビュイー:ホカゾノ ヒデヒコ

インタビュイー:ホカゾノ ヒデヒコ

公的機関で黙々と古文書解読をする業務、ニッチな業界の営業、通販での薬機法&景表法との戦いに疲弊。オアシスを求めてアステックペイントへ入社。

部署:デジタルマーケティング部DI(デジタルイノベーション)課課長
社歴:2年目
趣味:寺社仏閣、城郭、史跡、博物館、美術館巡り
学生時代:教育学専攻(日本近世史)だったため、古文書解読のスキルを偶然入手。小学生のころから歴史が好きで、学生時代は発掘調査のバイトなどを経験。

インタビュアー:齋藤彩

インタビュアー:齋藤彩

「働くかっこいい大人を増やす」をビジョンに掲げるインビジョン株式会社のライター。
アステックペイント様の未来の仲間に向けて、社員の皆さんの魅力を発信いたします!

ちなみに…
実は教育学部の国語専攻だったこともあり、外園さんの趣味を聞いて興奮するほどの古典好きです。好きな神社は近江神宮!あのビジュアルは壮観です。

 

入社の決め手は物静かな部長が語った熱い想い

ーーーアステックペイントに入社した理由を教えてください!

前職は通信販売の業界でコスメや薬品、健康食品などを売っていたんですが、薬事に関する法律や景表法のギリギリを攻めないと反応が取れない世界で。
いかにして法の間を縫いグレーな表現を作っていくか、みたいな仕事に果たして意味があるのかって疑問に思うようになったんです。
次第に「いや、こんなことしたいわけじゃない!」って感じることが増えてきました。

塗料はグレーゾーンを攻める必要もなく思い切った表記ができるので、罪悪感なくいい商品をアピールできる世界っていいなと思ったのが理由です。

ーーーアステックペイントとの出会いは?

ちょうど1年前に仲のよいエージェントさんから「アステックペイントっていう会社がWEB系の人材募集してるみたいだけど受けてみる?」ってお声がけをいただいたんです。

面接に行ったら、物静かな印象だった部長の猪口さんが、ものすごい熱量で語ってくれたのがすごく印象的で。
こんな静かそうな人がここまで喋りたくなる『AP ONLINE』って一体何なんだよ!ってかなり衝撃を受けて、ここでなら何か面白いことできるんじゃないかなって感じましたね。

菅原社長との最終面談も結構雑談ベースで、「こういうこと考えてるんですけど、できるもんですかね」「もちろん、全然やっていいっすよ」みたいな話をざっくばらんにしました。

自分がやりたいって言ったことを否定せずに、ちゃんとチャレンジできる環境がある自由度の高い会社なんだなっていうのは、それぞれの面接を通して一番感じましたね。

 

仕事を自分で生み出すことができる人には、まるで天国

ーーー実際入社してみていかがですか?

イメージ通りでした。入社時は『AP ONLINE』に関することをやる、ということだけしか決まっておらず、当然何か仕事が用意されてるわけでもなかったんですよね。

だから社内を見渡して「これ改善した方がいいかな」とか「ここを推進した方がきっと良くなる」といったことを自分で見つけて、提案をして、じゃあそれでお願いしますっていう流れの仕事がほとんどでしたね。
自分で仕事を作れる人にとっては、本当に思うがままに仕事を動かせるので、めちゃくちゃいい会社だと思いますよ。

ーーー今は具体的にどんな仕事をされてるんですか?

『AP ONLINE』というメディアを通して、コミュニケーションプランの設計や集客導線の構築をしています。その集客の仕組みがオンラインではほぼなかったんです。その仕組みを最初から作って、WEB上の集客を全部自分がやってますね。

ーーーそういった改善を遂行するのが、デジタルイノベーション課なんですか?

主な業務は、WEBサイトやオンライン広告の企画立案・運用・分析です。WEB広告これやろうかとか、この目的のためにはこんなクリエイティブを出そうとか。

あとはその結果を受けて、日々の改善をどうやっていこうかみたいなことは、今絶賛取組中です。目標比で130%達成っていう結果も出ているので、今は自分のやりたいことができて、結果も出て、すごくいい状態です。

 

デジタルを超えたマーケティングを。内に秘めた大きな野望

ーーーアステックペイントで今後やっていきたい目標はありますか?

『デジタルマーケティング部』という名前の課に属していますが、『デジタル』を取っ払いたいです!(笑) デジタルにとどまらず、この会社全体のマーケティングをコントロールしたいっていう野望があるんですよ。

今は社長がリーダーシップを執って道筋を作ってくれてますが、仮に社長がいなくなった時に、誰がその役割を担うのかはよく想像してて。

今は道を示すための部署がないので、経営企画みたいな立ち位置で、過去のデータベースを分析してこうした方がいいんじゃないかとか、この先のトレンドはこうなりそうだからこういう商品をこういう販売戦略で売った方がいいんじゃないか、みたいなことを考えてみたいなって思ってるんです。

今はデジタルを使ったマーケティングが中心だけど、将来的にはそのデジタルも飲み込んで、会社全体の舵取りをできるような存在になりたいですね。

 

未来の仲間に送るメッセージ

僕も業界未経験で入りましたが、新卒、中途、経験問わず新入社員の方が入ってもちゃんと育成の仕組みがあるので「適当にやっとけ」みたいなことはないです!
本当にいい人ばかりなので、何度もみなさんに助けられてます。いろんなことをいろんな人に聞きまくってたので、その回数が増えるごとに距離感が縮まって仲が良くなったのもあると思います。

教えてくれたみなさんに今すごい感謝してるので、今度は自分がそういう立場にならなきゃって思うんですよね。僕の後に入社される方には、どんどん聞きやすい雰囲気を出して、親切にしたいと思っています。

やりたいと言えば、言った分だけチャレンジができる会社なので「挑戦したい」「結果を残したい」「実績を作りたい」という人にはぜひ入っていただきたいです!

 

***

 

少しでも興味を持ってくださった方は、下記より募集要項をご覧ください!

中途採用サイト

Wantedly

この記事をシェアしよう!

  • hatena